外壁塗装の塗料の耐久性・価格・気を付けるべきことの把握

外壁塗装に断熱塗料を使用する

一軒家

東日本大震災以降、節電をされる家庭が多くなりました。しかし、いくら頑張って節電を心掛けても、近年は夏場の異常高温や冬場の大寒波など様々な要因で節電が出来ない場合があります。
そもそも、昔の日本家屋は風通しの良い構造でしたが、近年建てられる多くの住宅は風通しよりも断熱性を重視してます。しかし、断熱性を重視した場合には、住宅内部が高温または低温になったままにもなります。
そこで、住宅の外壁塗装に断熱塗料が使用されることが多くなりました。外壁塗装自体は、従来工法と変わりが無く、塗料自体が断熱性能を有しています。塗料に含まれる微粒子が特殊な構造をしており、内部に小さな空間があることで外気と外壁が直接触れないようにしています。
この高価は非常に高く、夏場では屋外と室内で6度以上も差がでることがあります。外壁工事などで断熱するよりも、外壁塗装をすることで工期も短く、そして費用も少なく済むとといったメリットがあります。
また、外壁塗装自体は下地となる外壁の保護も兼ねるため、快適な生活だけでなく住宅の耐用年数までも延ばすことができます。実際に、風雨に晒される外壁は、劣化が激しく、外壁の厚さが新築当時より薄くなっている場合があります。外壁塗装は、住宅のメンテナンスや住宅環境改善の面で非常にメリットがあります。

注目の記事

一軒家

外壁塗装に断熱塗料を使用する

東日本大震災以降、節電をされる家庭が多くなりました。しかし、いくら頑張って節電を心掛けても、近年は夏場の異常高温や冬場の大寒波など様々な要因で節電が出来ない場合があります。そもそも、昔の日本家屋は風通しの良い構造でしたが、近年建てられる多くの住宅は風通しよりも断熱性を重視してます。しかし、断熱…

続きを読む
家のイラスト

外壁塗装の魅力について

新築または中古、そして既存の住宅問わず、多くの家主さんが気にされることは住宅の劣化です。特に外壁自体はサイディングの材質によっては、紫外線に弱いものや耐磨耗性に優れたものなどさまざま有ります。特に日常的に風雨に晒され、砂埃を浴びる外壁は紫外線劣化だけでなく、材質自体が削り取られていったり、腐食…

続きを読む

コンテンツ一覧